エアブラシ使用後の洗浄

エアブラシのメンテナンス

エアブラシを使用後、そのまま放置してしまうと塗料が固まり故障の原因になります。
使用後はエアブラシの中に塗料が残らない状態にしましょう。
アクリル絵具を使用した時は、必ずニードルを抜いてニードルについた絵具を拭き取りましょう。

また各ネジ部分に「グリス」を塗ることでエアブラシの動作をスムーズにすることができます。

カップ内の洗浄

クリーナーを準備する

エアブラシメンテナンス

エアブラシの洗浄にはクリーナーが必要です。
プラモデルに使うと塗料を使用した場合、各メーカー専用のクリーナーや薄め液を使用します。
塗料にアクリル絵具を使用した場合、水とエアブラシクリーナーまたはラッカー薄め液で洗浄します。今回はホルベインのエアロフラッシュクリーナーを使います。

クリーナーを入れる

エアブラシメンテナンスカップに入った塗料を容器に戻しクリーナーをカップの中に入れます。

うがいを行う

ティッシュや布でニードルキャップの先端を塞ぎ空気を出します。
ブクブクと塗料カップに空気が逆流してエアブラシ内がクリーナーで洗浄されます。
この洗浄方法を「うがい」と呼びます。

カップ内の塗料を捨て新しいクリーナーを入れ再度「うがい」をします。
カップ内がきれいになるまで繰り返し「うがい」をしましょう。

塗料がアクリル絵具の場合
「うがい」作業を水で数回行い、最後にブラシクリーナーで「うがい」をします。

クリーナー吹きつけとカップ掃除

エアブラシメンテナンス「うがい」が終わったらカップにクリーナーを入れティッシュに数回吹きつけます。

 

エアブラシメンテナンスカップ内をティッシュで拭いてカップの洗浄は完了です。

ニードルの洗浄

エアブラシからニードルを引き抜いて「ニードル」についた塗料を落とします。
「ニードル」が曲がると塗料が正確に飛ばなくなるので慎重に作業します。

エアブラシを分解

エアブラシメンテナンス「テールキャップ」、「ニードルアジャスターネジ」をはずします。

ニードルを引き抜く


エアブラシメンテナンス
「テニードルストップネジ」を緩めてニードルを慎重に引き抜きます。
固まって抜けない場合カップはクリーナーを入れて数回ティッシュに吹きつけます。
それでも抜けない場合ペンチで慎重に引き抜いてください。

 

エアブラシメンテナンスクリーナーをしみ込ませたティッシュで「ニードル」についた塗料を拭き取ります。
洗浄後「ニードル」を慎重にさし込み洗浄作業完了です。

ニードルキャップとノズルキャップの洗浄

綿棒とクリーナーで洗浄

エアブラシメンテナンス

「ニードルキャップ」と「ノズルキャップ」を外します。

 

エアブラシメンテナンスクリーナーを付けた綿棒で「ノズルキャップ」」についた塗料を落とします。

 

エアブラシメンテナンス内側は綿棒の先端をほぐし、クリーナーをつけ奥まできれいにします。
洗浄後「ノズルキャップ」をエアブラシに取り付けて全メンテナンス終了です。

ノズルをメンテナンスする

「ノズル」の洗浄は毎回行う必要はありません。
5回に使用する1回くらいの頻度でやってあげるとことをオススメします。
「ノズル」は非常に小さいのでなくさないように注意しましょう。

ノズルを取り外す

エアブラシメンテナンス「ニードルチャックネジ」を緩めて「ニードル」を引き抜きます。
「ノズル」は非常に繊細なパーツです。
勢いよくレンチを回してしまうと「ノズル」が捻じ切れネジの部分だけがエアブラシに残ってしまうことがあります。作業は慎重に!

ノズルがねじ切れた場合ノズルレスキューを使う

ノズルレスキュー「ノズル」が捻じ切れてしまった場合「ノズルレスキュー」で残ったネジ部分を取り出します。
残ったネジ部分に「ノズルレスキュー」を回し入れ、逆側に回転させればネジを取り出すことができます。「
ノズル」はエアブラシメーカーのサイトで注文しましょう。

外したノズルを洗浄

ノズル洗浄

テッシュの先端を尖らせて洗浄液に浸し「ノズル」に入れます。
塗料が固まってしまている場合「ノズル」を洗浄液に浸しましょう。
それでも塗料が取れない場合、ようじの先端をカッターで削り洗浄液に浸してノズル内をようじで洗浄します。
この方法は確かに塗料は取れるのですが、トラブルの可能があるのであまりオススメしません。

 

ノズル洗浄「ノズル」を外した状態で本体を洗浄します。
100円ショップで購入した歯間ブラシを洗浄液に浸しエアブラシの先端に入れます。
歯間ブラシについた塗料を拭き取り色がつかなくなるまで数回繰り返します。

「ノズル」のネジ部分に「グリス」をつけレンチで本体に取り付け「ノズル」のメンテナンス完了です。再度「ノズル」を取るときのために強く締め過ぎないように。


前の記事

エアブラシの使い方

2017.02.27