紗(スクリーン)に写す図案を作ろう

図案が印刷される仕組み

シルクスクリーンは紗に図案を写し、図案部分にインクを通して印刷します。
図案部分以外は「感光乳剤」で固めます。
感光乳剤」は紫外線で固まるので、紫外線が当たらないところは固まりません。
図案部分をコンビニコピー機のトナー印刷(黒)で紫外線を遮り、図案部分以外を紫外線で固めて紗(メッシュ)の孔をふさぎます。
感光乳剤が固まったら、紫外線が当たっていない図案部分の「感光乳剤」を水で洗い流すことで図案の形に紗(メッシュ)の孔がのこります。
版の下にキャンバスやTシャツ等、図案を刷りたいものを置いて版の中に絵具やインクをしき、スキージという道具で絵具を刷り込むことで図案部分だけインクや絵具が通り印刷されます。

図案の原稿つくり

図案部分はコンビニのコピー機で白黒で印刷して原稿を作ります。
黒い図案部分は紫外線を遮り、図案以外の部分は白のままのこして紫外線を通すように図案を作ります。

図案サイズの注意点
木枠のサイズギリギリで図案を作ると印刷時に支障をきたす可能性があるります。
図案のサイズは木枠のサイズより5㎝ずつ小さいサイズで作ります。

図案原稿印刷手順

Adobe Illustrator等を使い図案を作ります。
pdfファイルで画像をUSBに保存します。セブンイレブンのコピー機で、普通紙コピー→メディアを挿入選択して原稿を出力します。
作業完了!


次の記事

露光して版に図柄を写そう

2017.07.24
前の記事

紗(スクリーン)に感光乳剤を塗ろう

2017.02.03