スプレーガン使用後の洗浄

スプレーガンのメンテナンス

スプレーガンを使用後、そのまま放置してしまうと塗料が固まり故障の原因になります。
塗装後はスプレーガンの中に塗料が残らない状態にしましょう。
また各ネジ部分に「グリス」を塗ることでスプレーガンの動作をスムーズにすることができます。

カップ内の塗料の処理

塗料を戻す

スプレーガン洗浄カップに入った塗料を戻します。アクリル絵具を水で希釈した場合、下水に流します。

クリーナーを準備する

スプレーガン洗浄

ウレタン塗料を使用した場合シンナーやラッカー薄め液を使用します。
アクリル絵具を使用した場合は水でおおまかに洗浄し、最後にラッカー薄め液で洗浄(うがい)します。

カップを洗浄

スプレーガン洗浄塗料カップにラッカー薄め液を入れます。スプレーガン洗浄カップのふたを閉じ数回シェイクしてカップ内を洗います。

うがいを行う

スプレーガン洗浄ティッシュや布でエアキャップの先端を塞ぎ空気を出します。
ブクブクと塗料カップに空気が逆流してスプレーガン内が薄め液で洗浄されます。
この洗浄方法を「うがい」と呼びます。

カップ内の薄め液を捨て新しい薄め液を入れ再度「うがい」をします。
カップ内がきれいになるまで繰り返し「うがい」をしましょう。

塗料がアクリル絵具の場合
「うがい」作業を水で数回行い、最後に薄め液で「うがい」をします。

 

スプレーガン洗浄「うがい」が終わったらカップに薄め液を入れ数回吹き付けます。

エアキャップの洗浄

スプレーガン洗浄付属ブラジに薄め液をつけてエアキャップを洗浄します。
ブラシ洗浄後、布で薄め液をふき取り作業完了です。

ニードルの洗浄

スプレーガンから「ニードル」を引き抜いて塗料を落とします。
「ニードル」が曲がると塗料が正確に飛ばなくなるので慎重に作業します。

スプレーガン洗浄塗料吐出量調節ネジをはずします。バネが出てくるのでなくさないように注意しましょう。

スプレーガン洗浄「ニードル」を慎重に引き抜きます。
固まって抜けない場合カップにクリーナーを入れて数回吹きつけます。
それでも抜けない場合「ニードル」に布をかましてペンチで慎重に引き抜いてください。

スプレーガン洗浄「ニードル」についた塗料を落とします。
ニードル洗浄後、塗料吐出量調節ネジとバネを戻し作業完了です。

ノズルを分解して洗浄する

「ノズル」の分解洗浄は毎回行う必要はありません。
長時間アクリル絵具で塗装した時などに「ノズル」の洗浄をします。

スプレーガン洗浄エアキャップをはずしノズルを専用レンチで取り外します。

スプレーガン洗浄ティッシュをとがらせ薄め液に浸しノズルを洗浄します。
洗浄後ノズルを専用レンチで取り付け作業完了です。

パターン調節ネジの洗浄

パターン調節ネジの洗浄は毎回行う必要はありません。
スプレーガンのパターンに問題が生じたときに洗浄します。

 

スプレーガン洗浄レンチでパターン調節ネジをはずします。

スプレーガン洗浄ティッシュに薄め液をしみこませパターン調節ネジを洗浄します。
洗浄後、パターン調節ネジをレンチで取り付け作業完了です。


次の記事

コンプレッサー使用後のメンテナンス【タンクの水抜き】

2017.03.08
前の記事

スプレーガンの使い方

2017.02.27