コンプレッサー使用後のメンテナンス【タンクの水抜き】

コンプレッサーの水抜き

コンプレッサーが空気を圧縮するときタンク内に水がたまります。
コンプレッサー使用後はタンク内の水を外に排出します。

水抜き手順

コンプレッサーの電源を切りタンク内の空気を抜きます。

コンプレッサーを木材などで浮かせます。
コンプレッサーのタンクの下にある「ドレン抜きバルブ」の下に容器を置きます。

「ドレン抜きバルブ」をあけてタンク内の水を出します。
ある程度水を抜いたらコンプレッサーの電源を入れタンク内に空気を送り、「ドレン抜きバルブ」から空気と水を出します。
水が飛び散るので「ドレン抜きバルブ」の下にぼろ雑巾を用意します。
5分ほど空気を出しある程度水を抜いたらドレンバルブを閉めます。

水抜き注意点
水抜きをしてもタンクの構造上タンク内に少し水が残ります。


前の記事

スプレーガン使用後の洗浄

2017.02.03